玉敷神社神楽

神楽の名称  玉敷神社神楽

 

神楽を行う日
2月1日
5月5日
7月15日
12月1日

神楽を行う場所

神楽殿

 神殿に向かって左側にある三方吹き抜きの建物

天保七年(1836)の建造で茅葺き、舞台は2間(3.6m)四方で、三方に三尺(0.9m)の縁をめぐらし、勾欄をつけている。裏側は楽屋となっており、舞人は向かって左側からでる。

交   通

神楽の起源
神楽保存会の活動
演 目
楽 (楽器)、採り物